• 水内歯科医院

当院における新型コロナウイルス感染予防対策について

新型コロナウイルス感染拡大により、皆様も大変だと思います。
歯医者に行くと感染するのでは?危ないのでは?という報道も出ております。
しかしコロナ以前から歯科は他の病原体ウイルス等の感染リスクを防護しながら診療していました。
つまり、歯科医療は以前から高リスクで、そのために以前から感染対策にも最も力を入れている職業なのです。
患者さんが歯科治療を受ける事により新型コロナウイルスに感染する可能性は低いと思っております。
むしろ口腔ケアをすることでインフルエンザ罹患率や誤嚥性肺炎口腔内へのウイルスの付着の減少は多数報告されています。
口腔ケアはウイルス感染には予防として必要です!

以上の事から当院では新型コロナウイルス対策として以下の事に取り組んでおります。

参考動画(広島市歯科医師会制作、「不安な?歯医者」)

当院の取り組み

現在、当院では感染防止のため以下様な取り組みをしています。
1)スタッフは出勤前に検温し、37.5℃以上の発熱、咳、倦怠感、息苦しさ、味覚、嗅覚異常等の症状がある場合は出勤しません。
2)入り口、待合室内にアルコール手指消毒液を備え付けています。
3)スタッフはメガネ、ゴーグル、フェイスシールドならびにマスク、手袋を着用して対応しています。
4)待合室内の書籍、雑誌類は接触感染防止のため撤去・制限しております。
5)診療室、待合室での患者さま同士の接触時間を減らすために予約をお受けする人数を調整させていただいています。
6)患者さまの治療終了毎にアルコール消毒液を用いて診療台と周囲の器具類の消毒を行っています。
7)受付にビニールクロスシートを懸架して飛沫感染の防止に努めています。
8)午前午後院内の椅子、机、ドア、ドアノブ等をアルコール消毒液または次亜塩素酸消毒液を用いて消毒を行っています。
9)診療室、待合室は次亜塩素酸空気清浄機、加湿器を稼働させて感染防止に努めています。

ご不便ご迷惑をおかけいたしますが何卒よろしくお願い申し上げます。

患者様へのお願い

感染防止のため以下の点にご留意いただきますようお願いいたします。

1)来院前に自宅で検温し、37.5℃以上の発熱、咳、強いだるさ、息苦しさ、味覚、嗅覚異常等がある場合は予約の変更をお願いいたします。当院受付においても非接触型体温計での検温(前額)も全ての患者様に実施しておりますのでご協力よろしくお願いします。
2)感染者が多い地域に訪問歴のある方は14日間の経過観察後の受診をお願いいたします。
3)待合室入り口で必ずアルコール手指消毒をしてください。
4)診察時以外はマスクを着用していただくようお願いいたします。
5)診療室、待合室での患者さま同士の接触時間を減らすため、「密」にならないために予約をお受けする人数を調整させていただきます。ただし、歯の痛み、歯肉の腫れ等がある場合はご連絡いただければ応急対応いたします。新型コロナウイルスは短期間での収束は考えにくく、長期間になると考えますので、痛い、腫れている、噛めない時は我慢しないで連絡してください。
6)感染拡大の情勢は日々変化しています。今後状況に応じてさらに厳しい対応に変更することもあります。


ご不便ご迷惑をおかけいたしますが何卒よろしくお願い申し上げます。

入り口などに設置してある消毒液

入り口などに設置してある消毒液

ビニールクロスシートをかけている受付

ビニールクロスシートをかけている受付

診療のご案内

  • 保険診療
  • 自由診療
  • 訪問診療

「食べる楽しみいつまでも」痛みのない治療を目指します

■虫歯治療 ■歯周病治療 ■インプラント ■歯列矯正

※ご質問は、下記よりお問い合わせください。
TEL 082-568-0255 >医院概要・アクセスはこちら

広島県広島市にある、水内歯科医院は、患者さんの過度な緊張と不安な気持ちを取り除くことを第一に考え、患者さんとの本当の信頼関係を築くために、痛みを取り除く努力・治療をします。

「そのためには、最新の治療技術を導入するというハード面の充実も大切ですが、まず治療をする歯科医師自身が、患者さんの立場に立って、何が大切なことなのかを、ひとつひとつ考えていかなければなりません。人と人とのつながりですから。

歯科治療の新しい取り組みとして「食べる楽しみいつまでも」を合言葉に、痛みのない”話を聞いてくれる街の優しい歯医者さん”を目指しています。ぜひ一度お立ち寄りください。

徹底した滅菌システムで安心の治療をSTERILIZATION SYSTEM

クラスBオートクレーブ(高圧蒸気滅菌機器)Vacuklav31B+

クラスBオートクレーブ(高圧蒸気滅菌機器)Vacuklav31B+

当院では、感染対策に細心の配慮を行い、より安心で安全な治療を患者さんにご提供できるよう、あらゆる器材の滅菌が可能なクラスBのオートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)ドイツのMELAG社製VACUKLAV31B+を導入しています。

この滅菌器は、数回の真空と蒸気・加圧をくり返す高性能なプレポストバキューム方式により、あらゆる種類の被滅菌物に対応する高機能滅菌器で、ヨーロッパの厳しい滅菌基準にも合格した器材です。
一般的に使用されている滅菌器に比べ、蒸気が治療器具の内部まで入りにくいエアータービンやハンドピースなどの器具に対しても、確実に滅菌することができます。

滅菌処理が終わった器具は、滅菌パックと呼ばれる特殊な袋に入れ、清潔な状態で保管しています。患者さんごとに使用する直前にその都度開封するため、常に清潔で安全な状態で治療を受けていただけます。

ハンドピース用洗浄滅菌器 DACユニバーサル

ハンドピース用洗浄滅菌器 DACユニバーサル

歯科医院で歯を削る機械をタービンと呼びます。器具の滅菌の中でもっとも難しいのが、このタービンや歯科用エンジンなどのハンドピース類です。

近年、これらの器具を滅菌処置せずに、患者間で使い回している歯科医療機関が約7割に上る可能性があることが分かってきました。歯科治療は出血を伴う処置も多く、使用する器具への滅菌・消毒が不十分だと、器具を介してウイルスや細菌に感染する恐れがあります。

そこで当院では、歯科用の最新型オートクレーブ滅菌器である、シロナ社の「DACユニバーサル」を導入しています。
この滅菌器は、精製水を用いて器具の外部はもちろん、手では難しい内部の隅々まで洗浄し、厳密に完全滅菌することができます。ドイツ製のため、日本よりもはるかに厳しいヨーロッパの滅菌対策の基準に基づいています。
また、洗浄・注油・滅菌の全工程を1台で完了させることができるため、ハンドピースのメンテナンス、および滅菌にかかる手間と時間を削減します。

水内歯科医院までのアクセスACCESS

水内歯科医院までのアクセス
当院までの道順について詳しくはこちら